soyever

ざっくりとファミコン世代あたりを対象にしたスーパーメンズウェブマガジンの決定版をまったり目指す桜田であった。

【謎の古文書】未だ解き明かされぬ言語でおなじみの『ヴォイニッチ手稿』が面白過ぎる【解読者待ち案件】

  

f:id:soyever:20170215005808p:plain

  

どうも、世界の謎が大好きな桜田オカルティック陣平です。

以前オカルトファンの間で大きな話題となった謎の古文書《ヴォイニッチ手稿》

本日は《ヴォイニッチ手稿》をまとめたり、考察したりしていきます。

お茶でも飲みつつゆっくりしていってください。

 

すべては謎に包まれている

 

発見されてからというもの、賢さで飯食ってる学者や暗号マニアなどが解読に挑戦しているけれど、すべては謎のままなんです。地球の言語じゃないのかな。いいね!

 

基本概要

 

とりあえず画像の文章を読んでもらえば大体の内容は把握できると思います。

それでは一緒に読んでみましょう。

 

f:id:soyever:20170215022036p:plain

  

・・・・

・・・・・・・・。

 

誰か読めた人いるー?

 

・・・・

・・・・・・・・。 

 

さてさて、くだらないことしてないで先を急ぐでござるよ!

 

概要

 

簡単に概要をさらいましょう。

 

大きさは23.5cm×16.2cm×5cmで、左から右読み、現存する分で約240ページの羊皮紙でできている。未解読の文字で書かれた文章の他、大半のページに様々な彩色された生物を思わせる挿絵が描かれている。文章に使用されている言語は今まで何度も解読の試みが行われているが、解明されていない(当然ながら、本書の正式な題名も分かっていない)。

引用元:ヴォイニッチ手稿 - Wikipedia

 

正式な題名すら判明していない。重要となる書物に用いられる羊皮紙に執筆されている。なぜ当時手に入りにくい、手に入ったとしても高価な羊皮紙に描いたのか。絵のタッチやレイアウトを見ても、メモ書きとかスケッチといった印象を受けるため、アンバランスに感じますね。

 

発見者と名称由来

 

名称は発見者であるポーランド系アメリカ人の革命家で古書収集家のウィルフリッド・ヴォイニッチにちなむ。彼は1912年にイタリアで同書を発見した。

引用元:ヴォイニッチ手稿 - Wikipedia

 

ヴォイニッチ手稿と呼んでいるが、作者ではなく発見者の名前に由来がある。発見場所はイタリアの修道院とのこと。

 

奇妙な植物の絵

 

f:id:soyever:20170215202431j:plain

 

奇妙過ぎて辛いです。

 

ヴォイニッチ手稿に描かれている植物は現在でも特定できないものが数多く描かれているそうです。南米の方に似ている植物はあるとのことですが。

 

こういった不気味な植物が100ページ以上描かれています

 

奇妙な天体図のような絵

 

f:id:soyever:20170215203122j:plain

 

真ん中に人面太陽があって、その周りを円で囲んでいる絵。円の中には星のようなものが描かれており、未解読文字が敷き詰められている。

こういった天体図のような円形の絵は20ページほど描かれている。

 

f:id:soyever:20170215204113p:plain

 

神秘的な空気感が漂う。星には意識があるとでも言っているのだろうか。全然関係ないけど、真ん中の丸顔太陽君かわいい。

 

 

f:id:soyever:20170215204312p:plain

 

真ん中が人面になっておらず、星座を表しているような円形図もあります。

丸い筒状の五右衛門風呂みたいなものから、女性たちが顔を出している。

そして星を持っている。とても意味ありげだ。

輪廻転生のようなインスピレーションを受けるが、どうか。

 

水に浸かる女性たち

 

f:id:soyever:20170215220247p:plain

 

緑色の水に浸かるたくさんの女性たちが描かれている。ページ数にして20程度だが、文章メインのページにも落書き調のものがぎっしりと。意味ありげなポイントとしては、男性は描かれていないこと、絵同士が水道管のようなもので繋がれていること。

 

根の種、薬生成っぽいやつ

 

f:id:soyever:20170215221005p:plain

 

レシピ的なものだろうか。根の種類をメインに描いていて、薬を生成しているかのようなページが並んでいる。

 

ダウンロードできるサイト

 

以下のサイトではヴォイニッチ手稿がダウンロード可能です。

ぜひ、みなさんも解読に挑戦してみてください。

 

shkspr.mobi

 

年代や作者について

 

年代について

 

アリゾナ大学の物理学科の准教授Greg Hodgins博士らはイェール大学に協力を得て手稿の羊皮紙のサンプルを得、加速器質量分析により「ヴォイニッチ手稿」の年代を1404年から1438年と特定。

参考元:解読不能の奇書「ヴォイニッチ手稿」の年代が特定される - GIGAZINE

 

羊皮紙は1404年〜1438年に作られたものだそうだ。その羊皮紙にいつ執筆されたのかは解明されていない。

 

1582年にボヘミア王ルドルフ2世が600ダカット(中世ヨーロッパで用いられた金貨)で購入したことが現在までに判明している最古の記録である。

引用元:ヴォイニッチ手稿 - Wikipedia

 

羊皮紙が1408年〜1438年に作られて、1582年に購入されたという記録が最古のもの。

約150年の間のどこかで執筆され、人の手に渡ったことが推察できる。

 

作者について 

 

作者不明とはいうものの、wikipediaでは2人の名前が挙げられている。

 

イングランドの学者、ロジャー・ベーコンとする説では、挿し絵から見て薬草学に関する何かの知識か見解を宗教的迫害から守るため、非常に特殊な暗号を使って記載したのではないかとしている。イングランド生まれのボヘミアの錬金術師、エドワード・ケリーとする説では、錬金術に傾倒していたルドルフ2世から金を詐取するため、もしくはライバルだったイングランドの魔術師・錬金術師、ジョン・ディーをかつぐために偽造したとしている。引用元:ヴォイニッチ手稿 - Wikipedia

 

 ロジャー・ベーコンは1300年前に死没なので羊皮紙の年代を振り返ると辻褄が合わない気もする。なのでエドワード・ケリーに照準を絞っていきたい。

 

 作者候補の錬金術師

 

エドワード・ケリー

 

 

f:id:soyever:20170215024855j:plain

 

相当イイ感じの人が登場してくれましたね。

一生謎のままなら、むしろこの人でいいのではないでしょうか。なんせ雰囲気が最高です。

ちなみに錬金術師だそうです。

ラテン語やギリシャ語にも触れていたらしい。

かなり有力候補です。

 

ペテン師?ホンモノ錬金術師? 

 

エドワード・ケリーはペテン師という説も根強くあるそうです。

その一方で、エノク語という言語を用いて天使と交信できたとも言われています。

どちらが本当のエドワード・ケリー、正確な情報なのでしょうか。

この人が作者だと仮定すると、ニセモノかホンモノかによって物凄くヴォイニッチ手稿の価値が変わってきます。できればホンモノであって欲しい。

 

出典・参考元:エドワード・ケリー - Wikipedia

 

ケリーの師ジョン・ディー

 

エドワード・ケリーには師がいました。

その名はジョン・ディー

ケリーとディーは何かとつるんでいたそう。

天使との交信も一緒にトライ。

そのジョン・ディーは前述したロジャー・ベーコンの残した書物を所有していたとか。

何だが色々と繋がってくる。面白い。

ケリーとディーがロジャーの書物を真似て、独自の暗号を開発し書き記したのかも。

 

f:id:soyever:20170215222932j:plain

 

出典・参考元:ジョン・ディー - Wikipedia

 

解読へ挑戦した凄腕

 

ヴォイニッチ手稿は数々の凄腕が解読に挑戦し、ことごとく返り討ちにされています。しかし、未だ解読されぬ謎に立ち向かい現在でも研究が進められいるそうです。

 

早く全容を知りたいもんですね!

 

過去には暗号解読だけではなく、歴史考古学、植物学、宗教学、言語学、天文学など様々なエキスパートたちがヴォイニッチ手稿に己の知識をぶつけました。この記事ではそんなエキスパートのうちの1人の天才を紹介いたします。

 

ウィリアム・F・フリードマン

 

 

f:id:soyever:20170215225047j:plain

 

 

彼は第二次世界大戦中、アメリカ軍の暗号解読チームの中心的人物として活躍し、当時日本が誇る「パープル暗号」を解読したことで有名だ。暗号解読の天才とも言われる。

引用元:解読不能な謎の文書「ヴォイニッチ手稿」

 

第二次世界大戦の時に日本国が使用していた機械式暗号を破った男の登場だ。

彼もヴォイニッチ手稿の解読に挑戦したうちの1人。

 

研究団を組織してヴォイニッチ手稿を含む古代文献の解読に挑んだ。しかし、作業の最中に戦争が終結し、研究は中断されたままその研究団は解散してしまった。フリードマンはこの手稿に対し、いくらかの推測を持つ事は出来たが、とうとう解読に至ることはなかった。またその際、彼らが解読を試みた古文書のうち、解読失敗に終わったのはこのヴォイニッチ手稿だけであるという。

引用元:X51.ORG : 解読不能の書 ヴォイニッチ手稿はデタラメか (2)

 

暗号文書ではなく「人工言語を用いて書かれた何らかの学術本」という推論に至ったとのこと。さすがは天才。暗号解読ができないのではなく、暗号ではないと結論したのだ。その結論が正しいのかどうかはわからないが、デタラメだとせずに人工言語説を疑うあたり、尋常ではない目線を持っている。

 

さいごに

 

いやはや、ヴォイニッチ手稿ホント面白いです。これネットサーフィンしてたら1日が即終了しますよ。謎の解明が進むことを祈りつつ、桜田なりに書き手の気持ちになって解読ごっこに勤しんでみようかと思います。さいごに、情報収集中に出会った仮説たちを3つ案内して終了します!それでは!

 

現在の仮説

 

ガッカリする仮説とワクワクする仮説がありますね。

 

1.すべてデタラメ説

 

これだったらやる気なくすなあ。

著者のアダルトチルドレンぶりに脱帽だ。

ただし、デタラメと判明したらそれはそれですごいですよね。

全世界中の天才たちを500年以上は翻弄したわけだから。

 

2.暗号か人工言語で書かれた「錬金術まとめてみた」説

 

これなら楽しめる。

宗教上の理由や時代背景、文化的事由によって、著者はどうしても開かれた言語を使用できなかった。解読してみたら、当時の錬金術が多角的に説明されている書物だったことが判明。とかなら超面白い。

 

3.異世界もの説

 

これはザ・オカルト好きにはたまらない説。

誰かが異世界にワープし、その世界の植物や風習を書き記したものという壮大なストーリー。この宇宙の真理などを解説しているもの。

この場合、世界規模で大騒ぎになりますね!

 

以上です!

 

読めぬなら、フィーリング重視、ホトトギス!

 

【超古代文明!?】魅惑のモアイ像の謎に迫る!行ってみたいよイースター島!【前編】 - soyever

 

参考サイト一覧

 

解読不能の奇書「ヴォイニッチ手稿」の年代が特定される - GIGAZINE

解読不能の奇書「ヴォイニッチ手稿」が電子書籍化され誰でもダウンロード可能に - GIGAZINE

解読不能な謎の文書「ヴォイニッチ手稿」

X51.ORG : 解読不能の書 ヴォイニッチ手稿はデタラメか (2)

「記憶が2つあるんだが」 謎に包まれたヴォイニッチ手稿が読める男の話 | 不思議.net

In Deep (旧): 『ヴォイニッチ手稿を解読した』という人物の登場

© 2017 soyever